パール

パール12メインバナー
パール12サブバナー

パールの基礎知識

パールは貝の体内で生成される、生体鉱物です。
上品で秘めやかな光沢と、ゆらめくような遊色効果のうつくしさで、
たいへん古くから世界中で愛好されてきました。
日本名の「真珠」は、そのまっとうなうつくしさを、
ストレートに表現した名称だといえるでしょう。

日本では冠婚葬祭用のジュエリーとしてもポピュラーなものです。
六月の誕生石のひとつとしてもよく知られています。

パールは貝の体内に入った微細な異物を核として、カルシウムの結晶(アラゴナイト・あられ石)とタンパク質の層が交互に積み重なることによって生成されます。
この有機質の薄層と、アラゴナイトの薄層の干渉効果によって、パール特有の上品な虹色のきらめきが生まれるのです。色合いもまた、二つの層の厚みやバランスによって決まります。

貝を開くと、殻が虹色に輝いているのが観察できます。
これが、パールを生み出す元となる「真珠層」です。
真珠層を作る分泌物は、貝の内臓を包む外とう膜の縁から出されます。

パールは基本的に真珠層を持つ貝ならば、すべて生成可能ですが、天然で生まれることは非常に稀であることから、養殖技術が発達する以前は、現在とは比較にならないほど珍重されました。

養殖技術が発達した現代では、主に、アコヤ貝、クロチョウ貝、シロチョウ貝、マベ貝、アワビ、イケチョウ貝の六種類が母貝として使われています。それぞれの特徴については、次章の「さまざまなパール」で詳しく解説します。

生体鉱物には、パールのほかに、コーラル(珊瑚・さんご)、アンモライトなどがあります。いずれも有機物特有の「命のやさしみ」が感じられ、自然を自然のままに愛する日本人にたいへん人気があります。

パール12メインバナー
  • パールの基礎知識
  • パールのパワー
  • パールが気になったら
  • 豊富で楽しい変わり水晶
  • 目移りする色つき水晶
  • 天使の羽と呼ばれる双晶
  • クリスタルの選び方
  • 世界で一つのアクセサリー
  • インテリアにクリスタルを
  • 世界のパール伝説
  • 日本の水晶文化
  • パールのお手入れ方法

Copyright(c) All rights reserved.