パール

パール12メインバナー
パール12サブバナー

パールのお手入れ方法

繊細な真珠層を幾重にもまとったパールは、とてもデリケートな宝石です。汗や酢、果汁などには非常に弱いので、十分に気をつけてください。香水を使うかたは、直接ふきかけないように注意が必要です。

身につけた後は、箱にしまう前にやわらかい布で拭いましょう。普段のお手入れとしては、これでじゅうぶんですが、万が一、汚れてしまった場合には、ただちに水かぬるま湯ですすぎ、ティッシュペーパーか、やわらかい布で水気をしっかり取ります。水気を残すと、シミの原因になります。

紐を使ったアクセサリーは水気が残りやすいので、気をつけてください。そのあと、軽く磨きあげるようにすると、うつくしさを長く保つことができます。

専門のクリーナーや布も販売されていますが、通常は特に洗剤を使う必要はありません。布は眼鏡拭きなどで代用できますが、洗剤のついてないものを選びましょう。ひどい汚れがついてしまったときには、専門店に相談することをおすすめします。自力で無理に落とそうとすると、致命的な傷をつけてしまう恐れがあります。

パールはとてもやわらかく、傷のつきやすい宝石です。ぶつけたり、こすりあわせたりしないように、保管の際にはやわらかい布で包み、箱にしまうことをおすすめします。他のアクセサリーと触れ合わないように注意してください。

保管する場所は、光の当たらないところが最適です。使用する頻度にもよりますが、ネックレスやブレスレットは、一~二年に一度は購入したお店に持って行き、糸替えとメンテナンスをお願いすると良いでしょう。

どうぞ末永くうつくしいパールを愛してください。

パール12メインバナー
  • パールの基礎知識
  • パールのパワー
  • パールが気になったら
  • 豊富で楽しい変わり水晶
  • 目移りする色つき水晶
  • 天使の羽と呼ばれる双晶
  • クリスタルの選び方
  • 世界で一つのアクセサリー
  • インテリアにクリスタルを
  • 世界のパール伝説
  • 日本の水晶文化
  • パールのお手入れ方法

Copyright(c) All rights reserved.