パール

パール12メインバナー
パール12サブバナー

さまざまなパール

パールは生成する母貝の種類によって、さまざまな特徴があります。
もっともポピュラーなパールは、アワビやアコヤガイに生成する「本真珠」です。

シロチョウガイから産するものは、「南洋真珠」と呼ばれています。
南洋真珠は、産地によって色合いに違いがあり、オーストラリア産のものは、青みの強いものが多く、フィリピン産のものは、蜜を固めたドロップスのように、ゴージャスな金色が多いのが特徴です。

クロチョウガイから産するパールは、「黒真珠(黒蝶真珠)」と呼ばれます。
その名の通り、個性的で深みのある黒みがかった色が特徴ですが、天然のものですから、もちろん二つとして同じ色のものはありません。

黒真珠のタンパク質には、赤、黄、緑の三つの色素が含まれています。これらが重なり合うことによって、それぞれ個性的な色合いを生み出します。ひと口に「黒真珠」といっても、緑系、赤系、黒系、青系など、実に多彩な色合いがあるのです。
黒真珠は主にタヒチ、日本の沖縄県などで養殖されています。また、クロチョウガイ以外のものから生まれたパールでも、染色処理をほどこして「黒真珠」の名称で売られていることもあります。

淡水性の貝から産したものは「淡水パール」と呼ばれます。核を挿入しないため、真円には育たず、楕円やドロップス型など、個性豊かで愛らしい形のパールが生まれます。色合いもポップでかわいらしいことが特徴です。小粒で色や形のおもしろいものは、ビーズの材料として人気があります。

カリブ海に生息する巻貝、コンク貝から産する「コンクパール」は、珊瑚のようなピンク色で、炎のような模様が見られるのが特徴です。コンク貝は巻貝ですので、人工的に核を入れることは不可能なため、非常に希少性が高いとされています。

この他にも、マベ貝を母貝とする「マベ真珠」や、プラスティックで作られた模造パールなどもあります。

パール12メインバナー
  • パールの基礎知識
  • パールのパワー
  • パールが気になったら
  • 豊富で楽しい変わり水晶
  • 目移りする色つき水晶
  • 天使の羽と呼ばれる双晶
  • クリスタルの選び方
  • 世界で一つのアクセサリー
  • インテリアにクリスタルを
  • 世界のパール伝説
  • 日本の水晶文化
  • パールのお手入れ方法

Copyright(c) All rights reserved.